病院で迎えたお誕生日

お誕生日おめでとう!あれから、7年。

今回4回目の手術を終えて、残念ながら病院でお誕生日を迎えることになってしまったオーナー。

東日本大震災の前に、白血病が判明、誰もが助からないと思うほど壮絶な闘いの毎日であったはずなのに、

仕事もネパール支援の事業も休めないと言って、病室にパソコンを3台もいれて、

やり続けたその気力には誰しもが脱帽しただろう。

5年生存率30%、10年生存率10%と医師から告げられた時は、もはや、もうその先はないと思ったことに違いない。

それなのに、自分の足を止めることなく、前に突き進むその精神力には、病院の看護師も医師も

驚いただろう。(言うことを聞かないオーナーに呆れていたかもしれないが、、笑)

奇跡がおきた!

今回の入院で、骨髄検査をした。

どんなに体調が良くても、医師からは、良いことは一切言われたことがない。

ところが、今回は、やっと医師から、大丈夫というお墨付きをもらった。

奇跡というしかない!

病気→病は気から

というが、オーナーの「気の力」は、半端ではない。

「気の力」で病気まで克服したのではないかと思う。

すべてに対して、、

諦めない

やり続ける

やりたい事が実現したら次の目標を見つける

決して、歩く事をやめない。

オーナーの信念は、夢は、これからもずっと続くでしょう。

 

 

 

 

FacebookやTwitter等で空き情報やお知らせ、Liberty日記の最新情報をいち早く受け取ることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る