オーナーを囲んで座談会 2017年5月27日

オーナーの軌跡 小学校から現代に至るまで。

入居者からの要望があり、少人数での座談会を開催した。

幼少期、20代、30代、何を考えて何を思って生きていたのか。

何故、ネパールに支援を行うようになったのか。

ビバホームでのエリートコースを登って、今頃は取締役になったかもしれない人生だったかもしれない。親に無理やり引き戻されてどんな気持ちだったか。

どんな学びをしてきたのか。

喜怒哀楽研修で泣けなかった話。時間の使い方。家出をして捜索願を出されてしまったり。

今回は、ほんの一部。

白血病になった壮絶な戦いの話もまだ聞けてはいない。

若い人達は、年寄りの話なんか聞きたくないだろうけど、本当は、沢山聞いて吸収したほうがいいと思う。

小学校の2年生の時に、水泳で50メートル泳いだら拍手喝采される時期に、

なんと、250メートル泳いだらしい。今のように水泳教室などない。

きかんぼだったのかなと思う。((´∀`))ケラケラ

 

FacebookやTwitter等で空き情報やお知らせ、Liberty日記の最新情報をいち早く受け取ることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る