凡人会第一回 誰でもが波乱万丈

迷って当たり前、失敗して当たり前、正解のない道それが人生。

第一回凡人会 11月10日日曜日

大盛況に終わりました!講師を含めて16人の参加になりました!成功をおさめている人の話ばかり聞くのがそろそろ飽きてきました。

いいことばかり聞くのではなく、現在まだ迷い中でも、生きている価値は、誰にでもあることを沢山の人に知ってもらいということで始めた企画です!

講師の方には、一人40分で、お話をしてもらいました。

最初の高見澤さんは、大学卒業後一流金融機関に勤め、何十億ものお金を動かす審査部門に所属、心も体もボロボロになるまで働く。20代ですでに人生に疲れ、脱サラし放浪の旅、ユウーラシア横断貧乏旅行にでる。その後宮城に移住し農業をに従事。月給12万では家族を養うこともできないと判断し、英会話学校のマネージャーとして転職。英語に自信がないながら悪戦苦闘。その後、生命保険に転職。現在進行形。

斎藤一人の「成功とは助けた人の数である」  中村文明の「頼まれごとは試されごと」

この二人の言葉を実践しながら、日々活動をしている。

出会った人で人生に対する考え方が変わることを実感している彼は、本当なら地味に、人前に出ることも活動的にすることも、やりたくない方の人間なのだが、それなら、人の誘いには乗ってみようと、人から誘われることには、自分も挑戦しようと動き出してみた。

自分から考えて行動してみたいとは思わない。けれど、人から誘われたら乗ってみる。

そう決めてみたら、なんの変化もないと思っていた人生に、いろんな色が付き始めた。自ら発案したことでなくても、それに、乗ってみる事で、結果自分の経験になる。沢山の経験を積むことで、自分の自身にもなる。人とのご縁も広がっていく。

自分は、友達が少ない。そう言っていた彼だったが、今、彼の周りには、彼を慕ってくれてる人が集まってきている。

今後の人生、どう変化していくのか楽しみである。

 

  

 

次に話をしてくれたのは、富良野塾15期生の伊藤拓さん。私も初めてお会いする方でしたが、愛情あふれるお人柄でした。以下、紹介文です。

 

「伊藤 拓 (いとう たく) 脚本家・シナリオライター倉本聰の愛弟子。 東京都出身。1974年生まれ。
 
高校で演劇祭に出演したことにより、俳優への興味が湧く。 「関西芸術座付属養成所」第40期生。 脚本家・倉本聰主宰「富良野塾」第15期生。 東京にて俳優活動を行い、挫折。2008年9月に仙台に拠点を移す。
 
見せる芝居ではなく、「ありのままでいる」芝居を追及している。 元「劇団ひまわり」仙台エクステンションスタジオ講師。
 
鬱や過呼吸のような状態に次第になっていく。
 
現在は、役者、感動トレーナー、涙の講演家、手相表現筆文字家、講師(相手に伝わる話し方講座、筆文字講座、自分を創る講座ほか)、土地家屋調査士補助者などたくさんの草鞋を履きつつ、迷走しつつ活動中。
 
自分を大好きだと言える人を増やすため、「スマイルエアーHUG」推進家として、8月9日の8時9分、20時9分、全国どこにいても誰でも参加できるお祭りを企画して、想いを届ける活動をしている。 」
 
 
お芝居の仕事をしていても、本当は、とても緊張するらしく、この日も前日から緊張していたそうです。お話し中も、手がふるえるほどでした。
聞いていただいてる人にも、正直にそのことを伝え、途中言葉に詰まりながら、沈黙があっても、全部今の自分をさらけ出しているいう感じでした。
一度は、芝居の道をやめ、資格をとって生活をするための仕事を考えましたが、結局は、周りの人の支えがあり、やはり、自分の突き進む道は、資格で生活をすることではないと、もう一度、やりたい人生を歩み始めたそうです。
 

自分を信じること。年収などのお金ではなく、生き方を大切にしていくこと。

 
そんな中、印象的だったのは、奥様の存在でした。一般的に安定した生活を望むのが普通だし、お子様がいて将来の事を正直不安に感じるのが普通だと思うのに、奥様は、旦那様がやりたいように生きることに、なんのためらいもなく支えているのが、本当に印象的でした。
 
後半の質問タイムに、奥様に大変ぶしつけな質問ということで、正直今の生活をどう思いますか?と聞いてみました。
 
奥様が、
 

「今は、すごく大変だけど、毎日、宇宙貯金をしていると思っているので、いつか、その貯金がかえってくると思っているんです」

 
一緒に泣いて笑って、同じ苦労するなら、笑って生きていく方向を選んでるのだと思いました。あっぱれな奥様です。きっと、拓さんが掘り当てた宝くじは、奥さんだと思います!
 
拓さんの人生のモットーは、
 

「人生の逆転ホームランはいつだって打てる!」

 

 
今、迷いながら人生を歩いているあなた、自分を信じて生きてみましょう!
 
お二人に質問タイム。
 
個人的に聞きたい事が!!
 
真剣にアンケートに記入。
 
 
その後、カレー屋さんに!
 
とても有意義な時間を過ごしました。
アンケートにも、沢山の意見をいただきました。
外部から来ていただいた方の参加費は、全額、NPO法人コクリーエーションセンターに寄付いたしました。
大変ありがとうごさいました。
 
次回のゲストもお楽しみに!
 
 

FacebookやTwitter等で空き情報やお知らせ、Liberty日記の最新情報をいち早く受け取ることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る