リバティ住人と映画を観てきました!

有り難いことに息子と出かけた気分です。

以前から、映画見に行くときは、声をかけてくださいと言われていたので、

今日は、映画を観たい気分になり、突然ラインして、

「夜映画を観に行くんだけど、観るジャンルが違うなら断って大丈夫だよ、」

と言ったにもかかわらず、即返事がきて、一緒に行くことになりました。

20時10分から始まるのに、ラインしたのは19時。((´∀`))

突然なのにありがとう。

観た映画は、実話だったから観たかった!

「ボブという名の猫」は、実話をもとにどん底から這い上がり、、というより、

立ち直った物語です。

人生は何が起きるかわからない。

人は、どんなに困難でも結局は、すべて自分が決めていく。

そして、自分一人では何もできない。

1人では頑張れない。

何かを守ろうとするから頑張れる。

周りの人への感謝も忘れない。

人生を諦めない、夢を持ち続ける。

それが、生きる力。

人の言葉に傷ついたと思っていても、

傷つけるつもりでは言ってないかもしれない。

本当にそうだと思う。

わからないで言う人もいる。

感じ方は、人それぞれ違うので、気になったらその場で聞くのも大事。

この先一生人と関わらず生きている人はいないので、

このリバティで、いろんなことを学んでほしいと思う。

マネージャーの髙橋でした!

 

FacebookやTwitter等で空き情報やお知らせ、Liberty日記の最新情報をいち早く受け取ることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る